人妻SM出会い体験談

アナルとまんこをw穴責めで快楽に溺れていくM人妻(東京 31歳 S男)


不倫

ふと登録したSM出会い系サイトで知り合ったM女。

何回か連絡した後でこちらがSだという事を告げる。
そうするとあちらも実はMだっと事を告白し・・・

「惨めな姿を目の前に晒し、辱めを受けながらも身体を弄ばれたい。
快楽の中に身を委ねたい」
というメールを返してきた。

ベッドに拘束され、ディルドを挿され、乳首も弄ばれて、
腰を自ら動かしている以前撮影したマゾ女の動画を見せた。

「凄い・・身体が疼いてしまいます。」

六本木にあるSMホテルアルファインで会う事を告げた。
完全に辺りが闇に包まれ、冷え込んだ時間だった。

「容姿には自信がないの」というとおり、150cmの身長に39歳若干小太りな人妻。
SMには興味はあるものの、経験は浅くアルファインは初めてだとの事。
SEX自体もココ数年ご無沙汰との事だ。

部屋の中に入ると「うわぁ~凄い、遊園地みたい」と大げさにはしゃいで、緊張を必死に隠している事が分かる。

身体を洗ってきなさいと命じ、しばらくしてから浣腸器具を持って浴室に入る。

「おちんちんを口でご奉仕しなさい」と言うと、
口が小さいのに、頑張って頬張ろうとする姿がまた興奮させた。
玉袋まできっちり舐めさせて、自分は奴隷なんだと錯覚させる。

「よし、良く出来たご褒美だ。お尻の穴をこっちに向けなさい」
恥しそうに、お尻の穴を見せ付けるように顔の前に向けてきた。

「これはいけないアナルだな、お掃除をしないといけないな」
「お掃除?」
「浣腸だよ、聞いたことあるだろ?腸の中のものを強制的に出させるんだ」
「えっ怖い、痛くないの?」
「入る瞬間ちょっと違和感あるだけだから大丈夫だよ」

先ほど持ってきた、浣腸道具を用意し人妻のアナルに挿入する。

「だめだめだめ、なんか変な感じがする
なんかでちゃう、でちゃう」
「それは正常だから大丈夫だよ、早く出しちゃいな」
「嫌々!見ないでだめだからぁ!だめだめだめぇぇぇぇぇ!」

手のひらで排便するところを必死に隠していた。
しかし勢い良く噴射している様子は隠す事は出来なかった。

ベッドに移動し、細いほうのシリコンディルドにタップリとローションをつけてアナルに挿入していく。
「ウッ」と小さな声をあげ、ディルドの出し入れに応じて「アッアッアッ」と荒い息遣いで喘ぎ始める。

そしてもう一方のディルドをオマンコに突き挿す。

「だめそっちにも入れちゃだめぇ」我慢するんだと一回お尻に平手打ちをし、
そのままアナルとまんこのw穴責めで快楽に溺れていく人妻。

「やだやだ何か変な感じがくる」
「リラックスして身を委ねてごらん、今までにないくらいの絶頂が体験できるよ」
「止めて止めて、だめだめだめ!あう、あっ」

次の瞬間「ウグ!!」M女の身体は痙攣し小刻みに揺れていた。

ぐったりと倒れこみ、涎をベッドの上に垂らしていてその部分だけ濡れていた。

この時以来、w穴責めの快楽が忘れられず、
今では私の奴隷として調教生活を送っている。

(東京 31歳 S男)